スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
超訳 DREAM BOYS 2012 
ドリボ2012映像化されますでしょうか、、、
キスマイえーべっくすだしな~。
美男ですねのときも光くん歌声一声も入れてもらえなかったしな~(←いまだに恨んでるww)
あ、キスマイは嫌いじゃないよ~!玉ちゃんのキャラとかすごい好きだしww

記憶のあるうちにストーリー書きとめておこう!
超訳となってるのは勝手な解釈と余計なつっこみが入ってるからであって、決してわかりやすいとかではありませんww
単に超訳百人一首うた恋い。からパクっただけですww


  ☆  ☆  ☆


舞台は、5年前のベイサイドクラブ。高校時代の回顧シーンからのスタート!
どうやらここはたまり場ような店らしい。

会場に響きわたるベース音!
ステージ前方がせり上がってきて、ドラムのユウタ@青団とベースのヒカル@赤団登場。
対立する赤団と青団!乱闘シーンにヒカルのベースが絡んでより迫力が増す!!
ユウタはボクシングに、ヒカル、ケント、トシヤはバンドに、それぞれ夢に向かって熱くなっていたあの頃。
仲間だったのに、なぜいがみ合うようになってしまったのか。
18960044_1775318889_193large.jpg
※ちょいちょい挟んでるのはステージフォト(大判サイズ1枚500円也でございます)
このフォトは木太郎だけど、私が入った日は5弦ベース!
18960044_1775318856_118large.jpg
そこへカズヤ先輩登場!

まずは、客席に投げた学ランをステージまで持ってきてもらう!
ここでお客さんとコミュニケーション取って会場を温めるさすがの座長!

トシヤ「先輩、留年しそうだっていうウワサ本当なんですか?そうなったらカズヤって呼び捨てにしていいのかな?」
カズヤ「呼んでみろよww」とプレッシャーをかける
ケントに振るトシヤ
ケント「いや~あだ名じゃない?カメちゃんでww」
ユウタ「オレは言えないですけど、トシヤ影ではカメって呼んでますよ」
カズヤ「お前はなんて呼んでんだよ!」
ユウタ「オレは…ベム♪って呼んでます!」

これに噴き出しそうになったのか、パっと顔を横にそむけるヒカルww
続いて、ヒカル
「オレはもっとポップにきゃりーカメカメって呼んでます!!」
もう1パターンは
ヒ「オレはもっとポップに歌ってますって!」
カ「歌ってる??」
ヒ「ビ~ックビックビックビック カ~ズヤ」両手を振りながら歌うww
これウケて拍手ww

21日バージョン
カ「あ、お前髪切った?」
ヒ「切った♪」ココちょ~かわいかったww
カ「お前はなんて呼んでんだよ?」
ヒ「オレはもっと歌うように言ってますって。♪負けないカメ投げ出さないカメ逃げ出さないカメ信じ抜くカメ~」
大事マンブラザーズだった~wwウケて拍手沸いてましたww

と、なごやかタイムはここまで。

バンドの面倒をみてるらしき女性(サキホさん)に呼ばれてはけていくヒカル、ケント、トシヤ。
ヒカルはサキホさんを信用して頼りきってるようで、子犬のようにコロコロついていくww

ユウタはボクシングの高校選手権でいい試合をしたものの、先にボクシングを辞めてしまったカズヤに不満があるようだ。
まだ勝ったことのない先輩に今度こそって思っていたユウタは、あんた勝手なんだよ!と捨て台詞を残して去ってゆく。

ここから5年の歳月が流れていって、セットが回転しながらそれぞれのナレーション。
18960044_1775318833_77large.jpg
ヒカルはトシヤ、ケントとユニットを組んで夢を信じてスタジオも作ったもののうまくゆかず。
「いまだにサキホさんの言いなり…だってしかたないだろ」
(だってしかたないだろ…これ人生で一番言っちゃいけないセリフだよねww
ヒカルに転落人生フラグ!)

一方ユウタはプロボクサーとなりチャンピオンまで登りつめる。
そんなユウタの半生が映画になることに。
このことが、別々の道を歩んでいた昔の仲間たちをまた引き合わせる!

映画のことを表向きに仕切っているのはサキホさん、しかし、実はすべての黒幕のマダムがいた。
マダムはこの映画い特別な思い入れがあるようだ!マダムの指示で、主役はヒカルからカズヤへと変わることに。
ヒカルは音楽を担当するという交換条件に応じて主役の座を譲る。

カズヤを主役として映画の撮影が始まる。
(ここでカメちゃん一つめのフライング!ボクサー姿で宙を舞う)
楽譜片手に現場を意欲的に見守るヒカル。
(ヒカルが主役で映画撮ってるシーンもやってほしかった~~!!)

そこへユウタがやってくる。
ユウタはカズヤになんくせをつけて、ひきつれてきたジムの仲間に撮影現場をめちゃくちゃにさせる!
18960044_1775321416_131large.jpg
ヒカルたちにも挑発するような態度をとって撮影のジャマをする。
映画を巡って昔の仲間たちがいがみ合うのを見て、うんざりしたカズヤが役をおりると言いだす。
必死で止めるヒカル。切羽詰まったヒカルの様子を不思議に思うカズヤ。

いったん撮影は中断となり、現場にはユウタたちとサキホさん。
「ヒカルとどんな取引をしたんだ!」とサキホさんに詰め寄るユウタ!
ユウタもヒカルがなぜそこまでサキホさんの言いなりに動くのか違和感を持ったようだ。
(チャンプの勘!!)
ところが、そこへユウタの弟ナオキがやってきて話は終わってしまう。


場面変わって、桟橋。
一人たたずむカズヤのもとに、サキホさんが歩み寄る。
「この映画には後輩たちの人生もかかってる」と言いヒカルを呼ぶ
「ヒカルくん言いたいことがあるんだって」(なぜかここだけ“くん”呼び!)

音楽を担当できることになってバンドのラストチャンスなんだ!だから映画を完成させたい!!と熱く語るヒカルに「いくら借りたんだよ」と問うカズヤ。
どうやらカズヤにはお見通しのようだ。
ためらいつつ「相当借りた…」と白状するヒカル。(おぉ金額言わないファンタジー)
18960044_1775319783_219large.jpg
だから完成させるだけじゃなく大ヒットさせなきゃだめなんだとサキホさん。
撮影に戻ってほしいと懇願するヒカルに、自分のことは自分で解決しろと突き放すカズヤ。
(ここヒカルとカズヤの顔近いww)


続く。。。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。