スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
「殺風景」感想 その4 
うわー(゜o゜)感想書きあげないうちに、千秋楽から2ヶ月以上経ってしまった!!
これがラストと思うんだけど、どう書いてもしっくりこなくて、なんと下書きだけで4つもたまってるww
これだけ経っても、頭の中にあの時の印象がしっかり残っているのがすごい。
インパクトが強いとは思ったけど、ここまで強烈に爪あと残すとは恐るべし!

今こうして思い返しても、やっぱり「殺風景」好きだったな~と思う。ストーリーは全然楽しくないのに不思議だけど。
でも、終わってよかった!とも、同時に思う!!

最初に見た時、一幕の途中でしんどくなっちゃって。ちょっと逃げ出したい気持ちになってた。
それが、最後まで見たら、なぜか救われた気持ちになっていて。
ハッピーエンドでも、希望が見えるような終わり方でもないのになんでだろうっていろいろ考えたけど、今になってみると、それは「終わり」があったからなんだと思う。
見てる人も演じてる人も幕が下りればこの世界から解放されるんだとわかって、心からホッとすることができんだと。
終わりがありることがこんなに嬉しく思えるなんてね。

それと、作品の中で憎しみ合ったり、殺したり、そんな登場人物を演じてたみなさんが、カーテンコールの瞬間仲間の顔になるの。
そして、孤独と切なさを抱えていた姿から一転、まん中に立つ光くんのしっかり上を向いた凛々しく輝いた姿。
それを見た時に、すごく温かい気持ちになれて。
この場にいれてよかった。もっとこの輪の中にいたいって思った。

こうして光くんがこの場に立っているのは、もちろんものすごい努力や稽古を積んだ自分自身の力によるものだけど、周りの力に守られて支えられているのも大きいんだなってひしひしと伝わってきた。
周りの人たちに生かされているんだなって印象を、強く受けたんです。

最初見た時、一幕の冒頭で光くんと他の役者さんとの差が歴然で愕然としました。
正直、他にもっとうまく演じられる役者さんがいたのでは、、、と思ったくらい。
それが、次に見た時は全く気にならなくなっていたんです。その成長ぶりに驚きました!
そして、ラストのシーン。暗い穴の底からもがいてもがいて這い上がって、必死に手を伸ばして何かを掴もうとするその姿。これは光くんそのものだと思いました。

この作品に臨む光くんは、何も持たずに未知のジャングルに放りこまれたようなものだったでしょう。
恐怖心を乗り越えて一歩踏み出したものの、どうして進めばいいのかわからない。頼れるものは自分の身体一つ。
そんな追い込まれた状況から、がむしゃらに上を目指してもがいて這い上がってっきた光くん。

上へ上へと希望に満ちて伸びていく光くんと、下へ下へと破滅の道をたどってしまう役柄とは真逆ではあるけれど、心の奥底から求めて掴もうとする魂の叫びは重なり合うんだなって思った時、あぁこれは光くんじゃなきゃできなかったんだと思いました。
演じちゃダメなんですね。ギリギリまで追い込まれた中で生まれる感情じゃないと伝えられないものを光くんは託されたんだと。

そして見事に辿りついたんだね、光くん。
あの舞台にいる光くんは、心の奥の奥までさらけ出しているような無防備でむき出しな姿でした。
こんな光くんを見られるなんて、こんな機会に巡り会えるなんて、震えました。

この稔とクニオは二度と現れないのでしょう。次に同じことを求められても、きっとその時はもう演じる光くんになっているんだと思います。
共演の大倉さんが「役を演じる方が怖くない、それよりコンサートの方がそのままの自分だから怖い」とおしゃってましたが、それは大倉さんが舞台ではうまくはぐらかす術を身につけているからじゃないでしょうか。
コンサートの光くんはまさに、はぐらかし方を知っているように感じていました。
だから今回、生まれたての赤ちゃんみたいにすべてをゆだねた光くん。よくぞ覚悟したなって感動しました。

そしてそんな生まれたての赤ちゃんを導いたキャストやスタッフのみなさんにまた、感動です。
惜しみなく栄養を与えて愛情注いで見守っていたから、すくすくと育つことができたのでしょう。
厳しい稽古中も公演中も、テレビで見る光くんに悲壮感は全く無く、とてもいい顔してました。
そんなことからも、どれだけ素晴らしい環境で大切に育てられてるか感じとることができました。

きっとそういった“絆”がぬくもりとなって伝わってきて「殺風景」に惹かれたのだと思う。
そして一見絆とは無縁のようなストーリの中にも、実は、稔と家族だったり、クニオと母親だったり、モグラの仲間だったり、ミチコさんと店員さんや常連さんだったり、刑事さんと息子さんだったり、いろんな絆がびっしり詰まっていて、すごくうっとしいけどなんか落ちつくというか、人間らしいなって思った。
よくも悪くも、いろんな人と関わって、いろんな絆の中で生きてる。それが人間なんだと教えられた気がしました。

劇中、ここのこの人はどういう思いだったんだろうとか、この時本当はなんて言いたかったんだろうとかすごく答えを聞きたくなったけど、それもわからないのが人生なんでしょうね。
殺人などどいう日常からかけ離れた題材なのに、生きることがいかにあいまいで普遍的なことの繰り返しかを知ることができた。そんな作品でした。

とても楽しませていただきました。
スタッフ、キャストのみなさまありがとうございました!!

そして、一緒にその時間を過ごしてくれたお友達も本当にありがとう。
より素晴らしい時間になりました!!

またいつか違う作品ですてきな時間を過ごせたら嬉しいです。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
「殺風景」その3 
殺風景については、書きたいことがたくさんありすぎて全然まとまらない^^;
もうすでに二回更新してるけど、書き終わる気がしない^^;^^;
だんだんタイトルも短くなってますwww

何言いたいかわからなかったり、同じこと何度も書いてるかもしれないけど、お許しいただけたら幸いです( ; ; )
そして、最後までお付き合いいただけたら感激です!

さてと、光くん以外の俳優さんのことも語りたいのです!
まずは、全体に通じてなんだけど、あんなに声張り上げて力の限り演じながら、淀みなくセリフを発することのすごさ!
すごいスピードでああやってすんなり、まるで自分の言葉のようにスラスラでてくるって、どれだけセリフを叩き込んだんだろうと。
体に染み込むまでお稽古をつんだ賜物なのだろうか。
プロだからとはいえ、すごいです!

それに、劇場の音響なんでしょうか?囁くようなセリフもよく聞こえる!
あれは技なんでしょうか?囁いてる風に見えるけど実はかなりの声量で発しているんでしょうか?もしそうならすごすぎますよ!!
そんな技を駆使して?全部がダイレクトに伝わってくるのが舞台の醍醐味ですね!!

とにかくみなさん素晴らしいけど、わたしが特に言いたいのは、大和田美帆さんの声!!
殺風景の中での第一声は、クニオの歌を聞いてケラケラっと笑う声だと思う。
その独特の音色に、一瞬で惚れてしまいました!

とっても通る澄んだ声、明るいトーンで少し鼻にかかったような甘い雰囲気。
ずーっと聞いていたいような心地よさにうっとり。
ちょっと意地悪っぽい台詞も、アブナイ台詞もうまくマッチしてて、でも嫌味がなくて憎めないかわいさがあるの。

クニオのこと大っ嫌いと言う台詞、大好き!!
そん目が好かん、そん指が好かん、そん汗が…って、全部大好きって聞こえる(≧∇≦)

クニオとマリが初めて出会った瞬間。目が合って、すれ違ってお互い振り向いてまた目が合って。
あそこですでに2人は恋におちてたんだよね。
あのシーン大好き(≧∇≦)胸キュンです!
あ、マリって大和田美帆さんね!で、クニオは光くん(o^^o)
って、今更説明してもちんぷんかんぷんか~(⌒-⌒; )

マリの身の毛もよだつ性癖に、会場が凍りついてシーンとなるあのときの一体感すごいww
おもしろいのが、そこからの続きでマリがクニオに、あんたのこと大っ嫌いだけん大合格!って言うところで、笑いが起きるときと、凍りついてシーンとしたままのときがあって。
会場の反応の違いが興味深かった!

大和田美帆さんの声、今度は底抜けに明るい舞台で聞いてみたいし、歌声も聞きたいなーと思ってます!!

そういえば一つどうしても気になるシーンがあって、プロの演出に難癖つけるのもなんなんですが、マリがみんなの前で赤ちゃんができたって告白して一悶着あってからのシーンね。
昔の仲間で今はヤクザの兵頭がそのボスと現れるんだけど、楽しい雰囲気がちょっと雲行き怪しくなってしまうの。
そんなとき、身重の奥さんの近くにさっと行ってかばうような行動がほしかったわクニオ!
でも、おそらく自分の子じゃないって心の中のわだかまりが、普通ならそうするであろう行動を妨げていたって、そこまで現しているのなら納得だけど。

と、いうことで、また続きます。。。

web拍手 by FC2
「殺風景」観劇記その2 
そうそう、まずは殺風景がどんな舞台だったか振り返ってみよう。

劇場に入ると、ロビーに昭和歌謡ヒットメドレーみたいのがず~っと流れててね。
懐かしさでちょっと嬉しくなるww昭和生まれにホームな心地よさを与えてくれていました。
そんな空間が、物語の「当時」を意識させてくれて、深層にベースができていくみたいな。うまいな!と思った。

でもって始まりが三味線よ!ベベンっ!て!!し、渋ぅぅ!となりましたわ!
この三味線が要所要所で効果的に使われていて、またうまい具合に残忍さを際立たせるというか、閉塞感がのしかかってきて恐怖心を煽るというか、芝居小屋感覚になるというか。まぁそんな感じ!(説明下手だ~ww)

虫が鳴いてる野っぱら、ジメジメ~っと重苦しい夏の夜。母役の荻野目慶子さんの澄んだ哀愁おびた歌声が響く中、突如銃声!
まさかここから始まるとは!いきなりのバイオレンスシーンからのスタートですか!!
そして息子たちと父登場。物語の中心の一家が揃う。
ここで光くんが現れまして、父親にタバコくれと言われ「俺メンソールばってん…」!!!これ光くんの第一声!!
確かに体は光くんでありながら、光くんではない人物がそこに!!

下ネタで盛り上がる男どもを一瞥する母(笑)ここまず笑えるww
なんて仲良し一家!って、おいおいちょっと待てぃ!今人殺めたとこでしょ!!
なんなのこの和気あいあい!と思ってると、またいきなりどどーんと息をのむ殺人シーン。
日常よくありそーな風景と、完全非日常な風景が交錯して、まるでジェットコースターみたいに心を揺さぶる!

ほんとに「あ~あるある」って言いたくなる普段ありがちな普通の会話がちょいちょいあって、それを普通にありがちな光景に見えるように演じる俳優さんたちの巧みさに驚愕。
かと思うと、ぜったい経験したことないだろうな~っていう泥臭い人生を背負った人間にもなりきっちゃうしな~。
ドラマと違ってワンシーンごとに撮ってるわけじゃないのに、流れていく上演時間の中で瞬時に切り替えていくのがすごいなって。地続きな日常と非日常をガっとテンションもってって表現するエネルギーにただただ圧倒されて感服!

時代が行ったり来たりする中で、同じキャストが違う役を演じているんだけど、それもすごい。
ひとつの役の中での気持ちの変化だけじゃかく、別の人格にもなってまたそれをやってのける。
そしてその一人二役の意味は、この世の輪廻とか因縁を現しているように思った。
まるで関係ないようにように見えて、実は人の世は時空を経て複雑に絡み合っている。今起きていることは、今だけで考えると不自然で不可解だったりするけど、ずっとたどるとここに巡り巡って繋がるようになっていたのだと。

だから、起きていることをその場の見えたことだけで判断するのは愚かであって、ましてわかったような顔で語るなんて滑稽だと。
当事者にしかわからない深い闇、当事者にもわからない遠い過去からのしがらみ、そんなものが何事にも背景にうごめいている。そんなことを考えさせてくれる舞台でした。

そんな中にも笑いがあって、わたしのお気に入り、クニオが安西に突き飛ばされてソファから転げ落ちるシーン。
これは見事に絵にかいたようなコメディ!!二人の息の合い方、光くんのふっ飛ばされ具合!もう完璧!
アニメじゃないかって思うくらいデフォルメのきいたコテコテの喜劇です!
このワンシーンを見て楽しむ一瞬でチケ代分の価値はあると思えるるのです!!
でも、このシーン最初はそんなに印象に残らなかった気がする。何回目からか、ものすごーくテンポ良くなってめちゃくちゃ爆笑巻き起こすシーンになっていた!

ここだけじゃなく、回を追うごとに光くんの動きやセリフによって笑いが起こるときが増えて、間合いとか伝え方がどんどん上手くなっているんだなって。すごい進化を感じた。
そんな笑いが起きるシーンが回によって違ったのも印象的でした。
その日の客層や、演技によって会場全体の空気も変わるんだなと。まさに舞台は生ものって実感しました。

その日によって違ったといえば、クニオがマリとの結婚を決め母親とぶつかり合うシーン。
感情のむき出し方が違うように感じて、同じ場面でもいろんな表現の仕方があるんだなと。
そして、ぶつかり合いが終わった後、手のひらで頬を拭ってるときがあって。
これは毎回じゃなかったので、その仕草をしてるときは涙が溢れたときなのかなって。

変化で言うと、思ったのは光くんの顔つきかな。
最初見たときは、全編しゃくれてる!!と思ったww
とにかくいかつい感じを出そうと必死なのがそこから伝わってきてた。
そこはもうちょっと緩急つけてもいいんじゃないかって分析してたんだけど、後半は見事にメリハリつけてて、しゃくれてないときもちゃんとあったの!!笑


また長くなったから、その3へ続く。。。





web拍手 by FC2
舞台「殺風景」観劇記 その1 
平成26年5月、シアターコクーンにて上演されたこの「殺風景」という舞台。
振り返れば6回足を運んでおりました。
当初はもっと少ない予定だったけど、観れば観るほどもっと観たくなって、何度か追加でチケット入手したほど。

なんでこれほどまでこの舞台に惹かれたんだろう。
もちろん第一には光くんが出ていること!
でも、最初喜劇と聞いていたのがどうもヘビーでシリアスなお芝居ということで、実際の凶悪犯罪を題材にしてるし、なんだかすごーく観た後胸がヒリヒリしそうだな~と想像して、光くんは見たいけどストーリー自体は楽しめないかもという気持ちになっていたんです。

ところがところが、初めて観たあと心の中にあったのは、想像してたヒリヒリではなくもっとふわっとぼんやりしたものでした。
悲しいでも嬉しいでもかわいそうでも楽しいでも感動でもなく、ただきょとんとして呆然とたたずむ自分。
何事も無かったように日常の街中に混ざり込んで、まるで蜃気楼でも見ていたような気分。
あんなにどきどきハラハラじりじりしていたのに、終わったとたん全部ベールの向こうに隠されてしまって何も見えないみたいな、なんともいえない気持ち悪さだけがもわ~んと広がっていて。

ところがですよ!それからぼんやりと舞台を回想してるうちに、どんどん奥の方から感情がこみあげてきて心を締めつけるんですよ。
思い返すほどに、どうにも「稔」がせつなくて。

「稔」はこの舞台は主人公なはず。事件の主犯格であり、いちばん手を汚している人物。なのに終わってみると不思議なくらい存在感がない!?
稔ってほんとうは実在しなかったのでは?と思うくらい。

そういえば、稔ってなんでこんなことしたの?動機がわからない。他の家族にはなんとなく欲とか俗っぽさがあっていかにもってところがあるんだけど、稔にはそういう背景が見えてこない。
稔の主張したことといえば、パスタのミートソースにハワイに行きたいってことぐらい。
家族は、稔に期待したり、気づかったり、かわいがったりしてるようでいて、実は誰も稔に気持ちが向いてないの。
自分の欲望のためであり、稔の気持ちは考えない。
そんな家族の中で、求められることをやるのが自分と稔は自覚してたのかな。それとも無意識のうちにそう動いていたのか。自分を認めてもらいたくて必死でもがいてる。
そんな稔像がどんどん頭の中で膨らんでいく!

ラストの、お姉さんが語るカナブンの話。坦々と対応してたお姉さんがワーっと泣きだしたとき一緒に泣きたくなったのは、そこに稔の切なさが詰まっていたから。
きっと稔が求めていたのは、家族とこんな風に他愛のない話をして笑い合うことだったんじゃないのかな。
そう思ったら切なさがこみ上げてきて涙が止まらなくなりました。

でもでも、ところがどっこい!
気になって実際の事件の記事読んだら、まったく同情にあたいしない人物で、、、
思わず、わたしのセンチメンタルを返せー!という気持ちにさせられたというww

それに、被害者の家族、特に巻き込まれるかたちだった友人の方のご家族の気持ちを察すると、こんな風にこの舞台を見て笑ったり楽しんだりしていいのかなという葛藤もうまれてきて、正直この舞台をもっと観ていいのか、正当化していいのかと悩みました。
でもそんな気持ちを払拭してくれたのは、とまどいと迷いを感じながら見に行った2回目でのキャストみなさんの姿でした。

これはエンターテイメントなんだから楽しめばいいじゃない!という気持ちと、とはいっても自分が遺族だったらぜったい認められないだろうという思い。なんとなくあいまいにして見始めました。

初めてみたのが5日。それから一週間ほどしか経ってないけど、光くんの演技がまるで違う!5日のときは、まず最初のシーンで大倉さんと舞台俳優としてのキャリアの違いを見せつけられた!と思いました。
でも二回目のときはもうそんなこと感じなくなっていて、すっかり肩を並べて混じり込んでるって思えたの。
それに、他の演者さんも、ホントにお腹の奥底から舞台の世界にエネルギーを放りこんでて、観てるだけでも疲れちゃうくらい全身全霊で演じてるのが伝わってきて。
なんか、こんなに魂そそいで臨んでる人たちを否定なんてできないなって思って。
今、この場のこの舞台の中だけに広がる世界を受け入れてもいいんじゃないかって、素直に思えたんですよね。

って!長っっ!!これは、その1ということにしよう!
続く。。。
web拍手 by FC2
光風景 
さあさあさあ!光くんが主役の舞台「殺風景」が、いよいよ今週の土曜日に初日を迎えますよー!!
なんと、あと4日しかない☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

なんだか凄まじいストーリーみたいですね(゚o゚;;
観る方もしっかり受け止める覚悟をしていかないとエライことになりそうで怖い!

すごい怖くて緊張する!
でも、観たい!!!
やまだかつてない光くんがそこにいると思うと早く観たくてたまらない(≧∇≦)

重たいものは苦手だけど、そんなハードな舞台で演じる光くんが観れるチャンス!存分に堪能しなくちゃ!

最近の光くん、厳しいお稽古でみっちりしごかれてさぞかし大変だろうと思いきや、やつれるどころかどんどん輝いてたくましくなってるように見えるんだもん。
ものすごく充実しているんだなって思う。

雑誌のインタビューや対談を読んでもしんどそうなコメントはなくて、すさんだ舞台とは対照的に光くんの内面には闘志と貪欲なまでのポジティブさがみなぎっていてギラギラな真夏の太陽のよう。
それでいて、客観的に分析しているような落ち着きがあって、これはどんなに打ちのめされても負けない人だと確信しました!

共演者や演出家さんの言葉からも、光くんの成長っぷりへの驚きや、役者として認められつつある過程が垣間見られ、どんどん楽しみが膨らんできてます!

ラジオで、共演者さんにホントかわがってもらっててハーブティーいただいたりしてるって話してたけど、毎日喉のために飲んでるというハーブティーも共演者さんにいただいたものなのかしら?
かわいがられてる光くん(≧∇≦)たまらんわ~!

お稽古でみっちり鍛えられ、何度も打ちのめされ、もがき苦しみながら這い上がってきたのであろう光くん!
舞台のタイトルは殺風景だけど、その舞台に立つ光くんは光り輝いて光風景になるに違いないと期待しています。

重たいものは苦手だけど、ヒリヒリと擦れるような熱い痛みに飲み込まれなよう心して臨みたいと思います!
ちょっと戦に行くような気持ち?


ステージぴあ

読売新聞


二つ折りで両面インパクトのあるフライヤー


こりゃもうアイドルがやっていいのかって領域でしょ?!
ヒカルくんの迫力がすごい!

コクーンにもあちこちにポスター!


そうそう!webの光くん連載!!!
舞台終わるまでの期間限定だけど、念願の光くんコンテンツができてよかったね!!
読む方も更新が楽しみで幸せすぎる毎日だお~(⌒▽⌒)

先日のラジオ出演も、ラジオ大好きっ子を明言するほどファンで、とっても嬉しそうだった光くん!

最近、光くんのいるすてきな風景ばかりで幸せでうはうはしちゃうな~(^-^)



web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。