スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
防災と減災!!≪追記あり≫ 
先に申し上げておきますが、JUMPネタでもジャニ関連でもなんでもないエントリーです(^^ゞ
でも、今考える余裕のある方は、ぜひお付き合いください!!


今朝も大きな余震とみられる地震が相次ぎ、自然の力の前に人間は何もなすすべがないと思い知らされてしまいます。
どんなに備えても、それを上回る、予想をはるかに超えた“想定外”の災害は防げない…

11日の大地震以来、天災に負けないでがんばろうと思う反面、今後まだ起こるとされている関東や東海の大地震がきたら、もう運を天に任すしかないなんて刹那的になったりもしてました。

そんな中、見つけた記事を読んで、とても感銘を受けたのでご紹介します。

三谷流構造的やわらか発想法【第4講】
特別講:がんばろう、日本! 

http://diamond.jp/articles/-/11562

お時間があれば、ぜひ読んでみてください!!

災害は常に人間の想定を超えてやってくるものであるということ。
どんなに注意深く予想して前もって準備しても、100%防ぐのは不可能なんだと。
防災には限界があることを教えられました。

でもそのときに、防ぎきれなかった災害に絶望するのではなく、そこからどうやって被害を減らすか。
“減災”していくことが大事なんだということ。

そこで重要なのが、ヒトの力!
減災するのに必要なのは、ヒトの力なんです!

いざというとき、頼りにしていた設備や機械が使えない事態になったとき、どうしたら被害を減らせるか…
柔軟に考えて行動する対応力はヒトにしか持てない能力なんです。

この対応力は、日ごろから鍛えておかなければ発揮できないそうで、定着するのにも何年もかかるようです。
今回の減災の例として、想定を上回る津波から石巻市の小中学生がほぼ全員無事避難できたことをあげてます。
この地域は、群馬大学の片田教授から指導を受けてきたという経緯があるそうです。


人間は自然なしには生きてゆけない。
命は自然の恵みをいっぱい受けて育まれていくし、自然は感動や癒しもたくさん与えてくれる。

でも自然は、突然予告もなしに猛威をふるって、命を奪ってゆく。
特に日本では地震とは絶対に縁が切れないですよね。

どんな文明をもっても、自然はコントールできない。
そしてそんな自然とともに生きてゆかなければならない。

だから、人はいつも自然に生かされていることを忘れずいよう。
備える力、対応する力を身につけ、必要以上に恐れず、感謝して学んでいこう。

防げなかったことを嘆くのではなく、これ以上増やさないことに希望をみいだそう。
そうすれば、必ず次の世代に繋がる。

“防災より、減災!!”
胸のつかえがスッと取れて、前向きな気持ちになれる言葉でした。


≪追記≫
昨夜、記事の感想をメールで三谷さんに送ったところ、今朝早速お返事をくださいました。
そこで記事の追記があるのでと、お知らせいただいたので、よかったらこちらも読んでみてください。
http://www.mitani3.com/blog/2011/03/321.html


記事リンクは、PCじゃないとうまく飛べないみたいで
ケータイからの方すみません!!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
記事リンク≪追記≫ 
≪追記≫
ジャニーズ公式サイトに、タレント全員の無事を確認との発表がありました。
これを受けて、リンクさせていただいていた記事の提供者さまより、記事の削除を希望される旨のご報告がありました。
お忙しい中、情報収集そして更新に尽力してくださったブロガーさまに心から感謝を申し上げ、記事の内容を削除いたします。
web拍手 by FC2
save JAPAN 
昨日よりの、安否を気づかう言葉、励ましの言葉、本当にありがとうございます!

いただいたコメントや、ボチってくださった拍手に、どれだけ勇気をもらったか(>_<。)


大地震を体験するのがこんなに怖いものだなんて、私は何もわかってなかった(>_<)

停電した街は、奇妙な静寂の闇に包まれていて、星空が悲しいほどきれいで…
寒くて不安で心が折れそうでした。

今夜も、寒くて暗い中で不安な夜を過ごす人がたくさんいる。
心細さと闘ってる人たちに、一日も早く明かりと温もりのある生活が戻りますように!!

日本中が、世界中が、応援してます!!
明けない夜はない!!がんばって!!

一日も早い復興に向けて、みんなで協力しよう!!

復興には大量に電力が必要らしいので、できるだけ節電しよう!!
例えば18時~20時のピーク時を避けて調理する、などが効果的だそうです!

それと、今回自分が感じたこと…
心配メールは大変ありがたく励みになるのはもちろんなんですが、できたら災害発生直後は避けた方がよいと思いました。

何か起こると、一気にメールや電話が集中して、あっという間にパンクしてしまいます。

被災者は、肉親と連絡をとらなければ!と切迫した状況にあります。
通信手段は、そんな状況にいる方のために、それ以外の方は利用を控えるようにお願いしたいと。

大変身勝手で失礼なこととは重々承知ですが、みなさんの身にもいつ起こるかわからない、その時できるだけ早く肉親の方と連絡を取ってほしいという願いをこめて書きました。
ご理解いただけたら幸いです。

がんばれ日本☆


以下は友達から回ってきたメールです!
参考に貼ってみます。
> ・これから夜になるとき。
> 阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
> 大切な人を守ってください。
> 一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。
>
> ・避難した女性の方。
> 絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
> 便乗する性犯罪者がいます。
> 常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。
>
> ・赤ちゃんがいる方。
> 赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
> 阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
> 彼の死を無駄にしないで。
>
> ・電話の使用は極力避けてください! 
> 非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 
> 安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 
> またはツイッターなどのネットの利用でお願いします。
>
> ・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
> 飲料水の確保もお忘れなく。
> ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。
>
> ・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
> 絶対に見物などには行かないようにしてください。
>
> ・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
> 瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。
>
>
> ・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
> ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです
>
> ・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
> 簡易ヘルメットになります。
> おなじように足に巻けば、履物になります。
>
> ・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。 そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
> まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
> 阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。
>
> ・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
> また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
> 送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
> 停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。
> 通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
> 漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。
>
> ・ガスの元栓をしめてください。
> ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。
>
>
> 以上です。
> できればたくさんの人に伝えてください。
web拍手 by FC2
無事です! 
メールが混雑してて、返信ができないのでこちらから!

ダンナは日本橋で足止めですが、家族みなケガなく無事です!!

私は、横浜で地震に遭遇し、お店の飾ってあったビンが落ちて割れたりしました!
今まで経験したことのない大きな揺れに驚きました。

電車は止まってしまい、お友達の車に乗せいただいたので帰宅することことができました。

帰宅したら、自宅周辺は停電。
21時頃復帰したと思います。

まだまだ余震もありますし、注意が必要ですね。
みなさま、ご無事でしょうか!
どうか、ご家族揃ってご無事であることを祈っております☆



web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。